健康診断でコレステロール値を指定された場合│乱れた食生活を打破して下げる

薬

血糖値をおさえるためには

栄養補助食品

糖尿病の予防として食生活の改善や運動を始めることは、忙しい人には難しいと考えられます。そのような方は、ギムネマ酸や桑の葉、クロムといった糖尿病を予防するとされている成分を含んだサプリメントを取ることが大切です。

読んでみよう

肥満が気になる方へ

お腹

コレステロールを下げる方法は様々です。食生活を改善するためには、肉をあまり食べずに魚や野菜、または卵や大豆を摂取しましょう。この中の成分がコレステロールを下げてくれます。また、適度な運動もコレステロールを下げてくれます。

読んでみよう

サプリメントで健康に

サプリメント

健康サプリメントを使いたい方はリフレをご利用ください。素材となる野菜などの栽培から、出荷までの管理の安全性を徹底しています。また、自分に合ったサプリメントを見つけるためにお客様センターに電話することも大切です。

読んでみよう

肥満を防ぐレシピ

お腹

自身のコレステロールが気になる方もいると思います。コレステロールは肥満の原因になるだけではなく、脳梗塞や心筋梗塞をひきおこすと言われており、非常にやっかいです。そのため、できるだけコレステロールを下げるための食事が必要になってきます。

まず、コレステロールを素早く下げてくれるキャベツなどの野菜や、キノコやシイタケといったキノコ類、もしくはワカメなどの海藻を食べることが大切です。肉や揚げ物を食べすぎるとコレステロールが上がるので、それらを食べなければコレステロールが下がると考える方もいるかもしれません。しかし、コレステロール自体は体の栄養素として必要なものなので、極端に摂取しないとかえって体の中でコレステロールの生産率が上昇します。なので、適度に肉や揚げ物を摂取するバランスのいい食事をすることが大切です。

また、アルコールの摂取もコレステロール値を上げるとされていますが、これも過剰にお酒を飲んだ場合のことです。適度な飲酒が健康を保つとされているように、お酒に含まれる成分がコレステロールを下げるという研究結果もあります。その代表がワインです。ワインに含まれるポリフェノールは、紫外線や活性酸素から体を守ってくれる働きをします。これに加え、血液に脂肪が多く含まれている方には、コレステロールを下げる効果もあるようです。お酒好きの方には、飲み合わせとして納豆やオクラ、山芋といったネバネバした食べ物もいいとされています。